楽天カード 審査落ち

楽天カードの審査落ちの原因って何?

楽天カード 審査落ち

楽天カードに審査落ちする原因はブラック情報が残ってるからかもしれません。審査基準がわりとゆるいと評判の楽天カードですが、100%審査落ちしないワケではありません。思い違いをしやすいポイントですが、いくら審査を通過しやすいカードと言われていても、ブラックリストに載ってしまえば審査落ちします。

借金の支払いが滞っていたり、自己破産歴がある、債務整理でまだ返済が終わっていない人はブラック扱いされて新規カードを作るのはほぼ絶望的といえます。それほどカード会社から見たら信頼度が低い人と、信頼度がゼロな人とは別世界の住人のように評価に差があるんですね。

ですが、過去に借金を滞納していたけれどすでに完済していたり、任意整理や個人再生後をしてから時間がたっていてブラックリストから脱却できていたらカード審査にペナルティを受けることはありません。

もし、以前にブラックになった経験があるなら、再びカード審査を申し込む前にブラックリストからあなたの名前が消えているかを確認してみてはいかがでしょう。あなたの信用情報から事故情報がなくなっていたら、あとは楽天カードの審査基準に準じた審査を受けることができるますから、カードを作れる可能性は高まりますよ。

クレジットカードの審査落ちするワケとは

楽天カードに限りませんがクレジットカードの審査落ちの原因は、申込者のステータスと考えられます。クレジット組織で実施される審査はいずれの会社の場合だとしても詳細は差がありません。

けれど、判断するポジションの点数付けの規準が変わってきます。

仮に、銀行で実施される審査はエントリーする人の職種や稼ぎをウエイトに置いて数値を付けます。正規社員で就業され、月間に一定の稼ぎがあれば、銀行のクレジットカードの審査は通りやすいです。

しかし、アルバイトやパートといった安定した収入がもらえない非正規雇用という身分で従事する場合は、銀行の調査を合格する事はハードルが高いです。

楽天カードの場合は、非正規職やパートでも審査落ちしにくいことが審査が緩いといわれるゆえんです。その上で、正社員の他でクレジットの審査にパスしやすいステータスの職業があります。

それは、父母の扶養に位置している学生です。

家族の年収が維持される事という要件はありますが、大学生はアルバイターや非正規社員よりも銀行の審査に通過し易いカテゴリとなっています。

これによって、クレジットカードの審査落ちを避ける為には非正社員から正社員へステップアップをするというような自分だけのステータスを引き上げる事が大切だと思います。

ですが、あなたの価値を高めるだけでは、クレジットの査定を通過出来るではないと断言します。クレジット会社はステータスに問題は無いと判断すると、信用情報機関に記載されている延滞や滞納項目といったクレジット履歴の精査業務に入ります。

信用情報に難があるのだとすれば、クレジット審査に落ちてしまいます。そんなわけで、クレジットの審査をパスする為に必要なのは、ステータスアップと共に返済の不履行をしないでクレジットヒストリーをクリーンなことにすることが要求されます。

信用情報の確認をしてみましょう

信用情報の確認で楽天カードの審査落ちは避けられるかもしれません。個人にはそれぞれ、信用情報というものがあります。これに関しては、分割払いの利用や支払いなどに関係するケース次第で新しくされていくもので、この過去歴によって、今後、貸し付けが得られるかがどうかも決まるわけです。

そうしたデータは、複数の信用機関などを使って厳格に保持され、公表されているものじゃないのです。けれども、銀行などはこういうデータを自由にチェックすることが出来て、いわゆる事件歴があったリストに位置している人であれば、借金やクレジットカードの発行などを、断られることだってあります。

加えて自己破産をしたというのならば、長期間にわたって信用情報にネガティブな情報が残りますので、気を付けましょう。債務整理の経験がなくとも、どんなところにいっても貸し出しやカードを申し込めないということも、多々あります。

審査落ちしにくいといっても、信用情報会社のデータを参照しないことはありえませんから、信用情報に悪いデータが残っていたらカード発行は夢のまた夢でしょう。

こうしたケースになると、それぞれが支払いしなかったまま放置されている借り入れ金がないか、信用情報をもとに調査をするのが最もお勧めです。この内容を調べたい場合には、信用情報に開示を行い、郵便利用で送ってもらうかたちとなっています。

先ずは、WEB上などから依頼書を入手し、必要なことを記入の上、事務手数料と一緒に送付します。取扱い手数料は、郵便局で買える定額小為替証書で払うことが一般的なやり方です。

そうすると、しばらく経って文書が届けられますので、開封して調べるようにしてください。もし、そこで融資の払い忘れが見当たらなくても、ホッとしてはいけません。信用機関は何箇所かありますので、全部検証する必要があるのです。

クレジットやローンを活用する祭は、信用情報を留意していくことが重要なのです。ただし信用情報がクリアでも一度に楽天を含め何社もクレジットカードの申し込みをしてしまうと、申し込みブラックと呼ばれる状況になり、審査落ちする可能性は高くなってしまいます。

楽天カードの審査落ちしないために

楽天カードは審査落ちしにくいと言われて申し込んでも審査落ちする人は一定数いるのは当然です。審査を通りやすいカードを申し込む人の中には、ブラックだけどクレジットカードが欲しいという人もいますから、ブラックリストに載ったまま申し込んでしまえば当然審査に落ちることになります。

それ以外にも収入が安定しなかったり、カード申請を短期間で繰り返しているなどカード作成のタブーをおかしてしまっている方も審査を通っていないことになります。

そんな落ちて当たり前みたいな人がいてもゆるいと言われるカードは、ちょっとしたことに気をつければカード発行できる可能性は決っして低くないと思われます。また申し込みブラックになっても半年程度カード申込みをしなければ、申込み履歴が消えます。