多重申し込み001

クレジットカード審査には複数申し込みで落ちるのは都市伝説なのかを解説します。

近頃はオンラインでクレジットカードの申し込みが出来るようになり、ポイント還元率の高いカードを選んだり、クレカメンバー限定のサービス目当てで申し込む、航空会社提携のクレカでマイルを貯めやすくするなんて、利用目的に応じて複数のカードを持ちたくなることありますよね。

ですが、「短期間のうちに複数のカードをつくろうとすると落ちる」なんて話を聞いて二の足を踏んでいませんか?

確かに複数同時に申し込んだり、短期間に同じクレカに申し込むことを「多重申し込み」といい、審査落ちする可能性は期間をおいて申し込むよりも高くなります。

でもなぜクレジットカードの複数申し込みは審査に落ちやすくなるのでしょうか。

また噂の内容も曖昧で、どのように申し込めば審査落ちを回避できるのかも不明ですよね。

このページでは、こうしたあいまいなウワサの根拠や、カード審査に落ちにくくなる申し込み対処法を解説していきます

また、クレカ審査を通過しやすくなる方法も紹介していきますので、すでに複数申し込みをして審査に瞬殺された方はぜひ次回申し込みの際に同じミスをしないように参考にしてみてくださいね。
 

アヴァンス行政書士法人で
信用情報開示
FD:0120-159-028
ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口
FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ
FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

時効_ウイズユー司法書士事務所

アヴァンス行政書士法人

複数申し込みは必ずカード審査で落とされる?

多重申し込み002

カード審査で複数申し込みは不利になるのは確かですが、必ずしも審査落ちするとは限りません。

クレジットカードの審査にはクレカ会社が独自に設定している条件を満たしているかが重要です。さらに申込者の年齢や職業、年収といった属性も関わってくるからです。

複数申し込みが不利にならないかと言われれば答えはノーですが、どんなカードでも落とされるなんてことはありません。

結局の所、短期間に複数のクレカを申し込んでもカード会社による判断に左右されるとしか言えないんですね。

短期間でクレカ複数申し込みが落ちやすくなるワケとは

多重申し込み003

ではカード審査で複数申し込みは審査に落ちやすくなるワケについてまとめていきましょう。

なぜ複数申し込みはカード審査に落とされやすいのか

クレジットカードの複数申し込みは金融業界では「申し込みブラック」と呼ばれるほど、あまり歓迎されない行為となっています。

ではなぜカードの複数申し込みが審査落ちしやすいのか理由を挙げていきましょう。

お金に困っていると判断されやすい

クレジットカードを短期間のうちに申し込むのはお金に困ってキャッシング枠を利用したいからじゃないかと判断されやすくなります。

特に多重申込者の場合、どこでも1社でもいいから審査を通過してくれれば借入金が増えると言った考えで申し込みをしてくる人は一定数含まれます。

現実問題としてクレジットカードのキャッシング枠限界まで借りた後に自己破産して、返済せずに逃げる人は後を絶ちません。

金融機関からしたら自社への損害を与えるかもしれない可能性は極力排除するしかないので、複数申し込みには厳しい目をむけるのは当然のことでしょう。

入会特典やキャンペーン目当てだと思われる

クレジットカード会社や提携会社は入会特典として「新規入会記念として○○円分ポイント還元」、「最大○○円分キャッシュバック」なんて方法でキャンペーンを行っています。

また、人気キャラもののデザインカードをつくったり、スポーツやレースなどのチームと提携したカードを発行したり、アニメやゲームとコラボしてカードデザイン自体を特典にしているケースもありますね。

なぜこうした新規利用者優遇を行うのかと言えば、カードを使ってもらうことでカード会社は利益を上げることが出来るから、先行投資という形で様々な方法で利用者の拡大を目指しているわけです。

カードを発行したいなら審査は甘くなるはずと思うかもしれませんが、クレカを発行しただけで利用してもらえなければカード会社は先行投資費用だけ損をすることになってしまうんですね。

キャンペーンを開催すると一定数の登録者は特典目当ての申し込みです。

特典目当ての利用者にポイントを使い終わってすぐにカードを解約されたり、財布の中で死蔵されてしまえば、カード会社は損だけをしてしまうことになります。

カードの複数申し込みで拒否される

クレジットカード会社によっては、審査にあたって短期間での複数申し込みを理由に審査を見送るケースもあります。

1ヶ月や2ヶ月の申し込みスパンがないと自社のデータベースに登録された申し込み履歴のデータベースに引っかかると自動的にお断りメールを出すシステムがあるカード会社があったり、ウェブ審査を通過しても信用機関の情報を参照する本審査で落とされるなんてこともあるようですね。

貸金業法に定められた総量規制にひっかかる

総量規制とは貸金業法によって定められている決まり事で、個人の借入総額は年収の3分1以下に制限されています。

カード申し込みの際にキャッシング枠を申請すると総量規制にひっかかる可能性が高くなります。

カード申し込みが他社バレする仕組み

多重申し込み004

クレジットカードの審査で同時に別カード会社に申し込んだことがバレる仕組みについて説明していきますね。

なぜクレジットカードの申し込みを別々のクレカ会社にしたのに、他社へのクレジットカード申し込みで審査に影響があるのか不思議に思ったことはありませんか?

実はクレジットカードの申し込み情報は、申込み先のカード会社だけでなく信用情報機関と呼ばれる第三者機関に登録されます。

信用情報機関に登録されるのはあくまで、いつの何時にどこのクレカ会社にクレジットカードを申し込んだのかという情報だけですので、個人情報の漏洩などの心配はないのでご安心ください。

信用情報機関は過去2年間の支払い状況(クレジットヒストリー)に延滞や滞納がないかのデータを残したり、金融会社事の融資上限や借り入れ状況の情報を管理している、ブラックリストの正体のような存在なんですが、日本にはCIC、JICC、全国銀行個人信用センター(全銀協)の3機関が存在します。

日本国内の金融機関は必ず1つ以上の個人信用機関に加盟していますから、必ず信用情報機関のいずれかにあなたのカード申し込み情報が登録されます。

さらに信用情報機関はCRIN(クリン)と呼ばれる情報交流ネットワークで情報共有しているため、あなたのカード申し込み情報や審査に受かった・落ちたというのは金融会社に筒抜けになっていると考えてください。

そんなの許可した覚えがないという方もいるかもしれませんが、銀行でローンを組んだり、クレジットカードの申し込み、消費者金融からの融資の際に交わす契約書の中に信用情報機関についての記載されています。

信用情報機関のカード申し込み情報は申し込みから半年で消えます

信用情報機関に登録されたカード申込情報は登録されてから6ヶ月間で記載がなくなります。

カード審査に落ちても申し込みから半年間が過ぎてしまえば、別のカード会社からは申し込んで審査落ちした事実を確認することが出来ません。

ただしカード会社独自のデータベースには情報の保存期間が定められていないので、何度も同じカードの申し込みを繰り返すと審査に落とされやすくなってしまうかもしれませんから注意が必要になります。

クレジットカードの複数申し込みすると審査に落ちやすいまま?

多重申し込み005

クレジットカードを複数申し込むことでカード会社に「申し込みブラック」扱いされ、審査落ちしやすい理由について説明してきました。

ブラックになったと聞くと今後何年間もペナルティを受けなくてはいけないと警戒する方がいますが、信用情報に記載された複数カードを申し込んだ記録は6ヶ月で消えますから、半年間カードの申し込みをストップすれば大丈夫。

カードを申し込んだ記録があるのに成約情報がなければ何らかの理由で審査落ちしたと金融機関は判断します。

審査が緩いと評判のカードでも事前に審査落ちされた事実が分かれば審査に悪影響があることは必須。

カード申し込みが否認された記録が自動的に抹消されるのを待つことで、申し込みブラックな状況もリセットされますよ。

カード申し込みで不利にならない対処法とは

多重申し込み006

クレジットカードの申し込みで複数の会社や同一のカードに申し込むことで審査に不利になる理由はご理解いただけたのではないでしょうか。

ですがどうしても欲しいカードがある場合はきちんと対処法を知っておくことで成約率は高まります。


・カードを申し込んだら審査結果が出るまで次のカードを申し込まない
・使用していないカードは解約もしくはキャッシング枠を減らす
・申込時のキャッシングの希望額をゼロ円にする
・カード審査に落ちたら6ヶ月間は期間をあける


信用情報にはカードの申し込みと成約したことしか登録されませんから、瞬殺をまぬがれて本審査途中で別のカードを申し込んでしまうと「他社で審査落ちしてるな」と思われてしまいます。

1度クレジットカードの審査落ちをしてしまうと、信用情報を参照したカード会社は当然申し込みに対して拒否するので、あとは連鎖的にクレカ審査に落ち続けることになりかねません。きちんと審査を通過しカードが発行されててもとに郵送されてきたら改めて別のカードを申し込むようにしてください。

また、所持カードを整理したりキャッシング枠を減らす、申込時にキャッシング枠を希望しないことで総量規制にひっかかる可能性を少しでも下げておきましょう。

まとめ

多重申し込み007

クレジットカード審査で複数申し込みが落ちやすくなるワケを説明してきましたが、多重申し込みをしても必ずしも審査落ちするとは限りませんが不利なことは確かです。

さらに何枚も申し込んだうちの1枚でも審査落ちしてしまったら、以降に申し込んだクレジットカードの与信にも多大な影響を与え、ほぼ審査に落ちることはお伝えしました。

結局の所、多重申し込みに対する対応はクレジットカード会社の審査基準や申し込みした当人の属性次第なところもあり、カードの申し込み情報が消えない限り完璧な対処は不可能です。

最近のクレジットカードは年会費無料でも特典があることも多く、ガソリンの給油にはガス会社と提携のカード、ネット通販なら楽天やAmazonカードを使い、海外旅行のときには保証が手厚くショッピングプロテクションが充実したクレカを使うなんて賢く使い分けている方もいらっしゃいますよね。

より便利なカードを求めるのは消費者としてしょうがない点もありますが、複数のカード取得には上手に計画を立てていかないと申し込みブラックになってしまうリスクもあります。

やはり他社への申し込み情報がない方がクレジットカードの与信の際には有利ですから、特にブランド力の高いダイナースやアメックス、ゴールドカードやプラチナ、プレミアムカードを考えている方には、他社のカード申し込みとは期間をあけて万全な状態で申し込むことをおすすめします。

このページの内容を、たしかどこかであんなことを読んだ覚えがあるな、なんていう風にちょっとでもカード申し込みの際に思い出していただければ幸いです。