再申し込み001

クレジットカードで審査落ちしたカードに再申し込みをする時の注意点をまとめました。

クレカ審査に瞬殺されたり本審査になったのに落とされたカードに再挑戦したいと思うときありますよね。

そんな時に気になるのがクレジットカードの審査に落ちたら半年は申し込みを避けた方がいいというウワサ。

でもたかがウワサだと甘く見るのは危険です。なぜかというと、この話には根拠があるからなんです。

このページを読むことで、クレカの審査落ち後に再申し込みするタイミングや注意点がわかります。

さらに再申し込みをするまでにどんな対策をすれば次回のチャンスをつかめるかも説明していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。
 

アヴァンス行政書士法人で
信用情報開示
FD:0120-159-028
ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口
FD:0120-263-212
アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ
FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

時効_ウイズユー司法書士事務所

アヴァンス行政書士法人

クレジットカードの審査落ち後、再申し込みするタイミングは?

再申し込み002

クレジットカードの審査落ちをしてから再申し込みするまで最低でも半年は待った方がいいですね。

近頃はWebでクレカの申し込みが出来ることもあり、カード申し込みをして審査落ちしたら、すぐに年収や勤務先などの条件を変えて審査をうけるなんて人もいるみたいですが、ほぼ間違いなく瞬殺されて10分以内にお断りメール(不幸のメール)が届いてしまうでしょう。

カードの申し込み情報については個人信用機関(CIC)に登録され、クレジットカードの審査を担当する会社からいつでもチェックできるようになっていて、クレカ申し込みから半年経過すれば記載が消えます。

クレジットカード会社やカードローンを取り扱う会社の中には、他社を含めてクレジットカードの申し込みをして審査落ちした記録があると自動的に審査落ちしたとメールを出すシステムを取り入れている会社もあるので、クレカ審査に落ちたことがあるなら再申し込みするタイミングには気を配るべきでしょう。

さらにクレジット会社側でも内部情報としてあなたのカード申し込みと不成約のデータが残りますので、何度も条件を変えて再申請(再申し込み)を繰り返してしまうと、クレカ会社独自のデータベースにあるブラックリスト入りしてしまうことになりかねません。

いまはクレカの審査会社とCICの情報交換のスピードもアップし、ほぼリアルタイムで参照できると言われていますし、審査に落ちたからとすぐに再申し込みをするのはリスクしかありませんね。

審査落ちした人が半年後に再申し込みしてクレカが作れる?

再申し込み003

クレジットカードの審査落ちをした人が半年後に再申し込みをしてカードが発行されるかというと難しいとしか言えません。

なぜならクレジットカードの審査は属性(年収や勤務形態、勤務先の規模や勤続年数、持ち家か賃貸か)などを項目毎に点数をつけてトータルスコアが一定ラインを超えているかどうかで判断されるスコアリングと呼ばれる方法で自動審査しています。

スコアリングによる機械審査は半年程度ではあまり変化がないので、前回の申し込みから6ヶ月経ってカードの申し込み情報が消えたからといってスコアリングの結果にほとんど差がなければ再申し込みをしても審査落ちする可能性は非常に高いと言えるでしょう。

特にクレジットカードの申し込みから10分以内にお断りメールが届いて瞬殺されたのなら、かなりハードルは高いと思います。

では再申し込みは諦めたほうがいいのかというとそうではありません、再申し込み前にできる対策方法はあります。

クレジットカード再申し込み前の注意点

再申し込み004

クレジットカードの再申し込みの際には年令制限や年収制限があるカードもあるので、カード発行の条件を満たしているかを確認しましょう。

30歳以上と書いてあるのに20代で申し込んでも、カード会社の設定したルールに逸脱しているのでワンチャンすらありません。

また、前回の申し込みよりも年収などちょっと増やして申請するなどの嘘はつかないようにしましょう。

実際に年収が上がっているなら問題ないですけど、前回申込時のデータと比較されてしまえばウソとバレてしまうかもしれません。

ゴールドやプラチナなどの上位ランクのカードなら去年の収入証明が必要になるものもありますから、ウソがばれることによるリスクは負わない方が安全でしょう。

場合によっては希望するカードのランクを落とし、使用実績を積んでからインヴィテーション(上位カードへのお誘い)を待ったり、コールセンターに上位カードに切り替えを申し込むほうが結果として早く入手できるかもしれません。

カードの再申し込み前にする対策とは

再申し込み005

カードの再申し込みをするにはスコアリングによる審査を通過する必要がありますが、年収や持ち家の有無など属性のプラスポイントを増やすのは難しいですが、借り入れがあるなどのマイナスポイントは比較的容易に解消できます。

特に気にしたいのが信用情報機関に登録されている信用情報に滞納や支払い遅れの記録が残っていないかといった致命的なマイナスがないかを確認しておきましょう。

CICに信用情報開示して内容を確認する

株式会社シー・アイ・シーに登録されている信用情報は、クレジットカードの審査に落ちたらクレジットヒストリー(クレヒス)を調査しておきたいですね。

支払い状況にP(一部入金)やA(未入金)のマークがあれば、返済が滞るかのせいがあると判断されてクレジットカードの審査に落ちた原因になりえます。

クレジットヒストリー(クレヒス)にブラック情報はないほうがいいですから、毎月少額でもいいのでクレジットカードを利用してきちんと引き落としが出来たマークで埋めることで、クレヒスに残ったマイナス点をなくすことができます。支払い状況は直近の2年分が残るので、人によっては半年以上待たないといけません。

現在使っているカードの設定がリボ払いになっていないか確認する

今使用しているカードの支払い方法は確認しておくべきでしょう。知らぬ間にカードの支払い方法がリボ払いになっていると、リボの上限額以上に使っていると気がつかないまま残債に年に15%もの利率で利息がつき、普通にカードを使って返済しているつもりでも着実に借金が増えていきます。

クレジットカードの会員専用サイトにログインして支払い方法を確認してもいいですし、信用情報をチェックする際にリボ払いであなたが思ってる以上の残債がないかを見てもいいですね。

もしリボ以外の支払い方法が設定できなければリボ払いの上限額をあげて対処できます。

残債についてもお客様センター(コールセンター)に電話して全額引き落としするよう依頼すれば対応してもらえます。

負債額の確認をする

年収の3分の1以上の借金があれば総量規制にひっかかってカードの発行は困難です。例外として住宅ローンや自動車ローンは送料規制外ですから問題ありません。

自営業の方やお店のオーナーや会社社長なら事業関係の借金も規制外になります。

返済できる借り入れは返しておく

他社からの借り入れがあるのはマイナス評価されますから、完済するとまでは言いませんが負債額を減らすことでスコアリングの評価は高くなります。

利用していないカードを解約して整理する

キャッシング枠のあるカードを何枚も所持していると信用情報で枚数や使用状況を確認出来るので、使用していないカードは解約して所持数を減らしておきましょう。

再申し込みの際に間違った情報を入力してしまった場合

再申し込み006

再申し込みするときに年収を間違えたなんてケアレスミスに気がつく場合があります。

こんな時はあわてて再申し込みし直さないで、公式ホームページやクレジットカード会社からのメールに記載されている連絡先に電話してみましょう。

オペレーターに繋いでもらって申し込みの際に入力ミスをしたことを伝えれば、申し込みデータを消去して再申請することができるようになります。

再申請の際には入力間違いがないか慎重にチェックしてくださいね。何度も入力をミスしたと連絡すると、審査通過できるか条件を変えて再申し込みしてるんじゃないかと怪しまれてしまいますよ。

まとめ

再申し込み007

クレジットカードの再申し込み前にできる対策や注意点を書きましたが、お役に立てましたでしょうか。

スコアリングによる審査で瞬殺された場合はマイナス点を減らしても、カード会社の内部の人間しか知り得ない条件が設定されている可能性もアリ、かならずしもカード発行に繋がるとは限りません。

とはいえ、何もしなければ再申請しても再び審査落ちしてしまうでしょうし、やるだけの価値はあると思います。

ダイナースクラブカードやアメックス・ゴールドカードなどのブランド力のあるのカードをご希望ならば、半年どころか数年待って収入や勤務年数の評価が高まるまで再申し込みを待つ必要があるかもしれません。

それだけに目的のカードを手に入れられた喜びはひとしおでしょう。高いブランドカードを持つ資格を認められたことになりますからね。

クレジットカードの審査落ちした後に再申し込みする時には慎重に慎重を重ねておくべきです。

あなたが希望するカードを手にする手助けがほんの少しでもできたのなら幸いです。